ヘッダーマンツーマン個人レッスンのボーカル教室
初心者講座ビルボード

ヴォーカルレッスン初心者講座

How to sing

朝霞ボーカル教室講師流のボイストレーニング・ボーカルトレーニングの方法などをこちらのページでご紹介していこうと思います。
当教室に通われている生徒さんはもちろん、これからボイストレーニングを始める、始めたい方にもお役立て頂ければ幸いです。


初心者講座その1
スタッカートで呼吸


腹式呼吸が出来るようになったら、次はもう少しお腹の筋肉を使ってあげましょう。

まずは息をすばやく吐く練習から。

足を肩幅ぐらいに開いて、両手をおへその辺りに当てながら、
ろうそくの火を一瞬ですばやく吹き消すように、あるいは、さくらんぼの種を遠くへ飛ばすように、前歯と前歯の間から「スッ」っと息を吐いてみましょう。

いかがでしょうか?

腹筋を使って、息をしっかり吐ききっていればお腹は完全にへこんでいます。

あとは簡単です!

へこんだお腹を脱力すると同時に戻し、その時に息を吸うだけです。
ここで気をつけたい事は、たくさん吸おうとしないこと!
たくさん吸おうとすると体が緊張してしまい、余計な力が入ります。おなか周りを緩めるような意識でおこなって下さいね。
 


練習してみましょう。

テンポ80ぐらいで、
 

  • スッ スッ スッ スッ     ← 4分音符で吐いてみる
  • スッスッ スッスッ スッスッ スッスッ  ← 8分音符で吐いてみる

 
↓次は「ハッ」という息に変えてみましょう。
 

  • ハッ ハッ ハッ ハッ     ←4分音符で吐いてみる
  • ハッハッ ハッハッ ハッハッ ハッハッ  ←8分音符で吐いてみる

 
最初は思うようにお腹が動かない時があります。息を吐くとお腹がへこむ、吸うと膨らむはずなのですが、これが反対になってしまう方が時々いらっしゃいます。
テンポを少し遅くしてみたり、「スッ スッ スッ スッ」っと、4回連続で行なうのではなく、まずは2回できればO.K.にするなど、ゆっくりでいいので練習してみて下さい。
 

少し慣れてきたら

お腹の動きに慣れてきたら、こんなところにも意識を向けてみましょう。
「ハッ」と息を吐いたとき、お口はしっかり開いていますか?口の空間もしっかり使ってあげましょう。大きな、まん丸い飴玉が舌の真ん中に乗っていると思って、そのまま「ハッ」と息を吐くイメージです。大きな飴玉が口からこぼれないように、舌も下げ気味になります。こうすることで舌の筋肉も鍛えられます!ぜひ意識的に練習してみて下さいね。
 

                                                         

朝霞ボーカル教室のレッスンについて

ボイストレーニング

ボイストレーニング
ボーカルは体が楽器です。歌う際に必要な体の使い方を意識しながら、呼吸から発声法まで細かく、丁寧にお教えしています。
 
ボーカルスキル

ボーカルスキル
発声練習だけをおこなっていても、歌は上達しません。歌うことも並行して訓練し、ボーカルスキルもぜひ身に付けて下さい!表現力豊かに歌いましょう。
 
パフォーマンス

パフォーマンス
プロミュージシャンの演奏で歌う当教室の発表会は、毎回大好評です。
 
ソルフェージュ

ソルフェージュ
歌を勉強しながら、簡単な譜面の読み書きやコード理論もお教えしています。
※ソルフェージュのみのレッスン希望は承っておりません。
 
サポート

サポート
あなたに合ったレッスンカリキュラムで、有意義なミュージックライフをサポートしていきます。