埼玉県朝霞市にある女性を対象としたボーカル教室。東武東上線、副都心線「朝霞台駅」、JR武蔵野線「北朝霞駅」から徒歩7分。生徒さんのレベルに合わせて、マンツーマン個人レッスンでボイストレーニング・ボーカルレッスンをしております。

ボイストレーニング・ボーカルレッスン/朝霞ボーカル教室

                          朝霞ボーカル教室 since 2010-12-23
                                          last update 2019-3-24

 

初心者講座ビルボード

ヴォーカルレッスン初心者講座

How to sing

朝霞ボーカル教室講師流のボイストレーニング・ボーカルトレーニングの方法などをこちらのページでご紹介していこうと思います。
当教室に通われている生徒さんはもちろん、これからボイストレーニングを始める、始めたい方にもお役立て頂ければ幸いです。


初心者講座その1
さまざまな発声パターン①


今回は、当教室で歌唱練習前のウォームアップで使っている発声練習パターンをほんの一部ですが、いくつかご紹介したいと思います。
 

発声練習をおこなう上で大切なこと

発声練習をする上で大事なことは、「ただ声を出す」とか、「とにかく大きな声を出せばいい」ということではありません。その発声練習が何を目的としているのか、どんな効果が得られるのか、一つ一つを確認、意識して取り組みましょう。
 

まずは、発声練習の王道?ロングトーン・トレーニング

まずは、息(S)で始めてあげるといいと思います。
それからハミング(n)で、そしていよいよ、"Ha/ハ~"(もしくは"a")で順番に声を出し始めましょう。「これから私は歌い始めますよ!私の体よ、喉よ起きなさい!」という感じで、声を体に響かせて、じんわりと喉や体を温めていく気持ちで行いましょう。
テンポ60~70ぐらい
 

※声を出している時のイメージは、小川(=声)が流れていくように、やさしく、しなやかに。一定の声の強さ(息の強さ)を保ちましょう。
 

ウォームアップはじっくり。ハミングでさらに響きを感じながら。

テンポ=70~80ぐらい

発声パターン②

徐々に音程や言葉を付けていきます。
ここでのポイントも同じ、しなやかに、伸びやかに音程を上下させましょう。
※音程や言葉が付くと、体(顔も含む)や喉が緊張し始める方がいらっしゃいますが、大丈夫!そんな時は、胸の前に片手を持ってきて、声を出し始めると同時にその手を前に、そしてそのまま下に向かって円を描きましょう。円も一定の強さで、ふんわりと描く様にして下さいね。
 

次は少し喉に負荷をかけていきましょう(スタッカート編)

以前、当教室の初心者講座でもご紹介したスタッカート練習です。
お腹から声を出す感覚をつかみ、短い音でもしっかり声を出す、声立てを良くするための練習です。
テンポ=70~80
発声パターン③

※一音一音を丁寧に。音程によって声の大きさが変わり過ぎないように。できるだけ均等にしましょう。地声と裏声が混ざる部分も出てくると思います。その時は、裏声の大きさに合わせる感じで、地声があまり重たくならないようにしましょう。

ヒップホップダンスやジャズダンス、フィギュアなどを見ていて、かっこいいな、美しいなと思わずうっとりした事はありませんか?
しなやかに踊る部分もあれば、一つひとつの動きをお客さんにアピールするような、キリッとかっこよく踊る部分もあり、一曲の踊りの中でメリハリがあって楽しめます。
それはきっと、体の柔軟さと筋肉が上手く使えているからこその技なのでは、と講師は思います。そして歌でも同じ事が言えます。
喉をしなやかに使うときもあれば、喉(声帯周り)の筋肉を利用して、歯切れ良くしっかり声を出すことも必要になってきます。その為の第一歩。スタッカート練習をしてみましょう。

応用編。音数を増やし、高い”ド”まで飛んでみます。

テンポ=70~80
発声パターン④

※ド・ミ・ソ・ドと音が飛び、尚且つ、短い音で声を出していくので大変かと思いますが、できるだけ丁寧に音をとって下さい。とりにくい場合は、もう少しテンポを落として。
もし慣れてきたら、テンポを少し上げてもいいと思います。

今回はここまで。次回をお楽しみに!
  
                     
講座リストへ戻る

 

朝霞ボーカル教室のレッスンについて

ボイストレーニング

ボイストレーニング
ボーカルは体が楽器です。歌う際に必要な体の使い方を意識しながら、呼吸法から発声法まで細かく、丁寧にお教えしています。
 
ボーカルスキル

ボーカルスキル
発声練習だけをおこなっていても、歌は上達しません。歌うことも並行して訓練し、ボーカルスキルもぜひ身に付けて下さい!表現力豊かに歌いましょう。
 
パフォーマンス

パフォーマンス
プロミュージシャンの演奏で歌う当教室の発表会は、毎回大好評です。
 
ソルフェージュ

ソルフェージュ
歌を勉強しながら、簡単な譜面の読み書きやコード理論もお教えしています。
※ソルフェージュのみのレッスン希望は承っておりません。
 
サポート

サポート
あなたに合ったレッスンカリキュラムで、有意義なミュージックライフをサポートしていきます。