都内からもアクセス良好な埼玉県朝霞市にあるボーカル教室。東武東上線「朝霞台駅」、JR武蔵野線「北朝霞駅」から徒歩7分。初心者からプロ志向の方まで、生徒さんのレベルに合わせてボーカルレッスンをしております。初心者の方も安心のマンツーマン個人レッスンのボーカル教室です。

朝霞ボーカル教室

-ボイストレーニング、ボーカルレッスン、マンツーマン個人レッスン-  

                    朝霞ボーカル教室 since 2010-12-23
                                  last update 2018-2-20

 

初心者講座ビルボード

ヴォーカルレッスン初心者講座

How to sing

朝霞ボーカル教室講師流のボイストレーニング・ボーカルトレーニングの方法などをこちらのページでご紹介していこうと思います。
当教室に通われている生徒さんはもちろん、これからボイストレーニングを始める、始めたい方にもお役立て頂ければ幸いです。


初心者講座その1
裏声も使ってみよう!


日頃、生徒さんと発声や歌を練習していく中で、
「音程は上手に取れているのだけど、歌が少し平坦に(一本調子とまではいきませんが。。)聞こえるのはなぜだろうと考えさせられる事が何度かありました。
そして皆さんに共通することは、口の開け方がほんの少しだけ足りないということでした。
口の開け方が足りないと、母音も潰れてしまって、歌が活き活きと聞こえないので、とてももったいないです。

小中学校で教わった、「3本の指が入るぐらい大きなお口で~」とまでは言いませんが、
今よりも少しだけ口を開けて、その空間にも声を響かせるつもりで日頃の発声や歌を練習してみましょう。
 

とにかく母音を意識して!

 
マー  アー(2拍ずつのばす)
声をクレッシェンドすると同時に、口の開け方も少し変化を付けてみます。
(クレッシェンドと同時に、口の空間もどんどん広く大きく)
 

  • メー エー
  • モー オー  など他の母音でも試してみましょう。

 
・マァーメェーマァーメェーマァー(音程はドドドドなどで半音ずつ上下に移動しながら)
声を出したら、だんだんと”ア”や、”エ”の母音を広げていく感じで練習しましょう。


母音だけを取り出して歌ってみる

 
例えば、

「そばにいてくれて  ありがとう」
という歌詞を、母音だけにしてみると、

「おあいいえうええ  あいあおう」となります。

「あ・い・う・え・お」は、それぞれ口の開け方は異なりますよね。
この口の開け方を意識しながら練習してみましょう。
 
口周りの筋肉を使おう

「口を開けて~!」とお願いすると、下顎だけをダラリと下げて口を開ける方がいらっしゃいますが、そうしてしまうと音程も下がってしまいます。

口を開けるときは上あごも上げるようにしましょう。(もちろん上顎を上げるに比例して、下顎も下がりますよ。)「ア」や「エ」など母音によっては口角も持ち上げてあげましょう。そうすることで口の周りの筋肉(表情筋)も鍛えられ一石二鳥ですよ!

口や舌をよく動かす英語と違い、日本語は口を大きく動かさなくても通じてしまうのです。
その為、ボイストレーニングの時だけでも口の空間をやや広く、口や口周りの筋肉、そして舌の使い方を意識してあげないと、歌うための声になりません。
根気強く頑張ってみて下さい。
                                                                                                 
講座リストへ戻る

 
 

当ボーカル教室の特徴はこちら!

ボイストレーニング

ボイストレーニング
ボーカルは体が楽器です。歌う際に必要な体の使い方を意識しながら、呼吸法から発声法まで細かく、丁寧にお教えしています。
 
ボーカルスキル

ボーカルスキル
ボーカルスキルを身に付けて、表現力豊かに歌いましょう。
 
パフォーマンス

パフォーマンス
プロミュージシャンをバックに歌う年に一度の発表会は、毎年大好評です
 
ソルフェージュ

ソルフェージュ
歌を勉強しながら、簡単な譜面の読み書きやコード理論もお教えしています。
※ソルフェージュのみのレッスン希望は承っておりません。
 
サポート

サポート
あなたに合ったレッスンカリキュラムで楽しいミュージックライフをサポートしていきます。