ヘッダーマンツーマン個人レッスンのボーカル教室
初心者講座ビルボード

ヴォーカルレッスン初心者講座

How to sing

朝霞ボーカル教室講師流のボイストレーニング・ボーカルトレーニングの方法などをこちらのページでご紹介していこうと思います。
当教室に通われている生徒さんはもちろん、これからボイストレーニングを始める、始めたい方にもお役立て頂ければ幸いです。


初心者講座その1
スタッカートで発声


「ハッ」という息でお腹がしっかり動くようになったら、次は声に変えるだけです。

ご自分の出しやすい音に合わせて、

  • ハッ ハッ ハッ ハッ     ←4分音符で発声
  • ハッハッ ハッハッ ハッハッ ハッハッ  ←8分音符で発声

 
お腹は息を吐いて練習していた時と同じ動きになっていますか??
口の空間もしっかり作ってあげましょう。
 


ポイント

声の大きさはすべて同じにしましょう!

ハッ ハッ ハッ ハッ など、2つ目の声だけが大きくなったりしないように、
同じ大きさのピンポン玉を4回お腹からポンッと出すような感じで行なって下さい。
 
メトロノームなどを使って練習し、声を発するタイミングがずれないようにしましょう。
ハッ  __ハッ  ハッ ハッ(4分音符で発声)
4つの「ハッ」がしっかり4分音符のド頭にくるように意識しましょう。続けていくにつれ、声が遅れていく方がいます。気を付けてみてくださいね。
 

音もつけてみましょう

ドレミレド で半音ずつ上がったり、下がったりしてみましょう。
 
ポイントは、単音で練習した時と同様に、声の大きさをそろえること。
例えば、ミの音の時だけ声が大きくなったり、小さくなったりしないように気をつけて下さい。
 
 
ドミソミド で半音ずつ上がったり、下がったりしてみましょう。
 
今回は少し音幅があり難しいかもしれませんが、ミやソの音の時に音を探りながら声を出さないように、正確に音を当てられるように集中して練習してみて下さい。

                                                

 

朝霞ボーカル教室のレッスンについて

ボイストレーニング

ボイストレーニング
ボーカルは体が楽器です。歌う際に必要な体の使い方を意識しながら、呼吸から発声法まで細かく、丁寧にお教えしています。
 
ボーカルスキル

ボーカルスキル
発声練習だけをおこなっていても、歌は上達しません。歌うことも並行して訓練し、ボーカルスキルもぜひ身に付けて下さい!表現力豊かに歌いましょう。
 
パフォーマンス

パフォーマンス
プロミュージシャンの演奏で歌う当教室の発表会は、毎回大好評です。
 
ソルフェージュ

ソルフェージュ
歌を勉強しながら、簡単な譜面の読み書きやコード理論もお教えしています。
※ソルフェージュのみのレッスン希望は承っておりません。
 
サポート

サポート
あなたに合ったレッスンカリキュラムで、有意義なミュージックライフをサポートしていきます。