ヘッダーマンツーマン個人レッスンのボーカル教室
初心者講座ビルボード

腹式呼吸と胸式呼吸の違いとは?

How to sing

ボイストレーニングにご興味がある方でしたら一度は、歌や発声=腹式呼吸というのは、聞いたことがあるかもしれません。では「なぜ腹式呼吸」なのか、「腹式呼吸と胸式呼吸の違い」について今回は少しお話ししたいと思います。

上半身の動きで分かる「腹式呼吸」と「胸式呼吸」

 まず鏡の前で、息を吸ったり、吐いたりしてみましょう。
 
胸や肩が上下に動いていませんか?それが「胸式呼吸」です。
走ったり、激しい運動をした時などがわかりやすいでしょうか。極端に言えば、肩で呼吸をしているような状態です。新鮮な酸素をより素早く取り込むのに効率的な呼吸の仕方です。
吸ったときに胸が膨らみ、吐いたときに胸が縮んでいきます。
 
それに対して、腹式呼吸は胸や肩が上下に動かず、息を吸ったときにお腹が膨らみ、吐いたときに、へこんでいきます。
理屈としては、息を吸ったときに、肺の下にある横隔膜(膜といっても筋肉なんです!)が下がることによって、お腹が膨らんで見えます。そして息を吐くときに、横隔膜が上がり、お腹はへこみます。
 

腹式呼吸の効果・メリット

腹式呼吸だとたくさんの息が使え、息のコントロールがしやすいため、安定した声(深い声)を出すことができます。
また、横隔膜や上半身を支える「骨盤底筋群」、お腹の筋肉である「腹直筋・腹横筋」も使っていくので、「お腹から声を出す」ということに役立ちます。
 

意識して呼吸してみましょう「胸式呼吸」

両胸に両手のひらを置いて呼吸します。鼻から大きく吸って、口から「フー」っと息を吐き出しましょう。イメージとしては、両胸に1つずつ大きな花の蕾があると思って、息を吸ったときにその蕾がふわっと膨らみ、吐いたときにゆっくり元の蕾に戻っていくようなイメージです。
 

意識して呼吸してみましょう「腹式呼吸」

おへそに手を当てて、鼻から吸って、口から「フー」、または「スー」っとゆっくり息を吐いていきます。最初のうちは、お腹が膨らまずに胸式呼吸になってしまうかもしれません。そんな時は、姿勢は正したまま(猫背にならないように)、上半身を15度ぐらい前に倒した状態で息を吸ってみてください。お腹の膨らみが少し意識しやすいかと思います。
レッスンでよく言っているのは、おへそに吸盤がついている→その吸盤の真ん中には糸がついていて、その糸が床に向かって垂れている→その糸を地面から誰かにグッと引っ張られているようにお腹を膨らまします。息を吐くときは、その糸を引き上げていく感じです。
 

腹式呼吸にはこんな効果もあります!

腹式呼吸をすることで、副交感神経が優位になることはご存知ですか??
緊張しているときや、イライラしているとき、落ち込んだり、不安な時など、是非ゆったりとした呼吸をしてみて下さい。寝ながらでも構いません。ご自身がリラックスできるような音楽でもかけながら、何も考えず、呼吸だけに意識を向けてみてください。
 
次回は腹式呼吸を使ったブレス練習をご紹介したいと思います!

初心者講座リストに戻るナビ

 
体験レッスンお申込み
 

開講曜日・時間
開講日火、水、木、土、日(月・金は定休)
※講師の都合により、開講日でも
休講する場合があります。
 
時間全日11時~17時(12時は除く)